愛犬のオシッコしつけ方

愛犬との楽しい生活を満喫するためには、決めておかなければならないルールがあります。

無秩序に飼っていたのでは可愛がるどころではありませんから、しつけはしっかり行いましょう。
オシッコの不手際は家人全てに迷惑のかかる行為なので、徹底的にしつけたいところです。

ただし、間違った場所でオシッコをしていたとしてもその場で叱りつける行為は正しいしつけと言えません。
その場所でオシッコをする事が駄目と認識するのではなく、行為そのものが駄目なのだと認識してしまいます。

散歩の時にオシッコをさせればいい、家としては都合の良い解釈かもしれませんが周囲の人にとっては迷惑行為とも取れます。
しつけの際に効果的なのは、正しい行動をした時にご褒美を与えるものです。

褒めるときはタイミングがとっても大切です。

行動直後にほめてあげれば、犬はどんな事をしたらほめてもらえるかということを理解できます。
でも、タイミングを間違えると、なにをしてもほめられていると誤って理解してしまします。

イルカショーで、見事にジャンプを決めたイルカがご褒美に魚を貰っているものに似ているかもしれません。
まずは愛犬用のトイレスペースを用意し、そこでおしっこができた際には褒めてあげましょう。

遠藤和博の犬のしつけ講座

問題は、愛犬がおしっこに失敗した時の対処法です。

ついつい怒鳴ってしまいたくなるところですが、これはしつけとしてあまり適当ではありません。
犬目線になって、間違った場所でおしっこをした際にどういった行動を飼い主が取るかを考えてみましょう。

そもそも体調不良で失敗してしまう事もあるので、しつけに躍起になる前に愛犬の事をもっとよく観察してみる事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です