WIN-VPS.COMのWindowsリモートデスクトップでFXやらツールを使いたい|VPS FC2から引っ越し

VPS FC2からWIN-VPS.COMに引っ越し

2年くらい使っていたVPS FC2が年末でサービス終了したので、新しいWindows VPSを探していたら、海外のここが安くていい!という記事を発見。

ロシアなサーバーらしいですが、特に問題ないってことなので、月額料金の安さ、初期費用もいらないのでここに決定しました。

WIN-VPS.COM
https://www.win-vps.com/


WIN-VPS.COMの情報、登録方法などは、以下のサイトを参考にさせていただきました。

コスパ最強VPS「WIN-VPS.com」
https://miccoz.com/vps/win_vps

「WIN-VPS.com」登録の方法
https://miccoz.com/vps/win_vps_register


で、とりあえず、WIN-VPS.COMにアクセス。

「BRONZE VPS」の「$3/mo」の下の「BUY A SERVER」をクリック

プランが表示されます。

メモリ2Gの月約8ドルのプランでもいいかなと思ったのですが、MT4のほかに、別のWindowsツール(これが結構メモリを使う)も使いたいのと、日本のVPSとくらべて格安なので、ひとつ上の月約13ドルの5GBのプラン「BRONZE 2」を契約することにしました。

さっそく「ORDER」をクリック

「Choose Billing Cycle」は、20%オフになるので年契約「$72.00 USD Price 12 Months(20% discount!) 」を選択

「Configurable Options」は、今メインはWindows7なこと、他のサイトで日本語化ができるとの書き込みを見たので、「Windows Server 2008 R2 (similar to Windows 7) & license fee」を選択

「Location」は、FXの関係でTitanを使うので「United States (New York)」を選択(結構速いらしい)

以下のオプションは必要ないので、これで申込みします。

Order Summary
BRONZE-2
(EN)
BRONZE-2$72.00 USD
≫ Operating system: Windows Server 2008 R2 (similar to Windows 7) & license fee$60.00 USD
≫ Location:: United States (New York)$0.00 USD
≫ IP address (real IPv4): not needed$0.00 USD
≫ Control Panel: not needed$0.00 USD
Setup Fees:$0.00 USD
Price for 12 Months (20% Discount!):$132.00 USD
$132.00 USD
Total Due Toda

「continue」をクリック

金額確認して「Checkout」をクリック

個人情報を入力して「Complete Order」をクリック
支払い方法は「PayPal or Card via paypal」を選択しました。

個人情報の入力は英語なので、JuDressで、住所→Address変換したものを入力しました。

「city」の所に、県名から下の住所を一括コピペ

支払いが完了すると、メールが3通届きます。

Information from WIN-VPS.COM: Welcome !
Information from WIN-VPS.COM: Order Confirmation
Information from WIN-VPS.COM: Invoice Created

このうち、

Information from WIN-VPS.COM: Invoice Created

の本文にある決済画面に行くURLから、

You can login to your client area to view and pay the invoice at?http://win-vps.com/viewinvoice.php?id=*****
あなたはhttp://win-vps.com/viewinvoice.php?id=*****で請求書を見て支払いをするためにあなたのクライアントエリアにログインすることができます。

ペイパル決済を完了すると、

Important message from WIN-VPS.COM: Invoice Payment Confirmation
(WIN-VPS.COMからの重要なメッセージ:請求書支払いの確認)

というメールが届きます。

日本円で16000円弱くらいでした。
月にすると約1300円、VPS FC2の1GBより安いし(^_^;)。


このときにリモートデスクからアクセスする情報が書いたメールもすぐに送られてくるかと思いましたが、すぐには来ず、「今サーバーの準備をしてるから、もうちょっと待ってね」というメールが届きました。

で、半日くらい待ってたら、

Important message from WIN-VPS.COM: Server installation has been started.
(WIN-VPS.COMからの重要なメッセージ:サーバーのインストールが開始されました。)

管理画面にアクセスすると、「Server Information」の所に、リモートデスクトップに関する情報が書かれてました。




さっそく、リモートデスクトップからアクセス!

問題なく接続できました。

いまから、英語版Windows Server 2008 R2 SP1を日本語化とカスタマイズを進めていきます。

英語版Windows Server 2008 R2 SP1を日本語化

「英語版Windows Server 2008 R2 SP1を日本語化」は、これでバッチリでした。

英語版Windows Server 2008 R2 SP1を日本語化

その他の設定

Chromがロシア語だったので、日本語化
avast、AVGはサーバーOSに対応していないということでインストール不可
Youtubeの動画閲覧はカクカクになるので無理
ABLE VPS 2GBよりは軽い感じです。使い方によるかもですが。



ということで、設定できました。

メモリ的には5GBあるので、メモリ不足にならずにツールを使えるので、たくさん立ち上げてもいいので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です